交通事故の弁護士依頼は、まずは無料相談から

事故は起こる時は必ず起き、その大小関わらず、人を巻き込んでしまうことが多いです。見えにくいカーブや事故が起こりやすい場所などは、地元住民だと気をつけやすいですが、それ以外だと知らずに曲がりきれず交通事故を起こしてしまった、という話もよく聞きます。どのような交通事故にも弁護士が必要不可欠となります。自分ではどうすればいいか分からない手続きや賠償の金額、保険会社へ保険金の支払い手続きなど、自分に代わりしてくれます。弁護士事務所にすぐ予約して向かうことに抵抗がある人は、まずは市などが開いている無料相談に行くことがお勧めです。自分がどのような賠償をしなければならず、どのような手続きがあるかなど、そこで聞くことができます。その後、依頼しようと思えば、予約して弁護士事務所に向かえば話も早く進みます。そのような機会もあるため、困ったらまず無料相談に行くことも一つの手です。

交通事故における弁護士の必要性

車に乗る方は、自動車保険に加入する事でしょう。任意の自動車保険で充実の保障内容を得られている方もいらっしゃるでしょう。自動車の交通事故を起こした場合、示談交渉は保険会社がしてくれる事も多いでしょう。保険会社は示談交渉権を持っていますから多くの場合、とても安心できます。しかし、保険会社が示談交渉できないケースも存在します。例えば、全く自分に過失が無い場合です。信号が赤で、完全に停車していたのに、不注意運転の車に後ろから激突されて車も大破、鞭打ちになったようなケースでは被害者の加入する保険会社は示談交渉権を持ちません。なぜなら、被害者には過失が無く、相手が100パーセント悪いからです。相手が誠意を持って保障してくれれば良いのですが、稀に任意保険に加入していない人もいます。そのようなケースではご自身で話し合うか弁護士を立てることになります。自動車保険に弁護士費用特約があると安心でしょう。

交通事故後のトラブルは弁護士に任せるのが安心

交通事故の際のトラブルを自力で解決しようとすると、一から自分で調べたり、書類を取り寄せて提出するなど煩雑なことも多く、費用をかけても弁護士に依頼した方がストレスもなく結果お得になる場合が多々あります。自分が加害者なら、被害者が示談に応じてくれなかったり、通院を長引かせて慰謝料の上乗せを図る場合があります。自分が被害者の場合は、加害者の加入している保険会社側は基本的に補償や慰謝料を少しでも安くしようと努力してきますので、鵜呑みにすると損をしてしまう場合も多いのです。大抵の被害者は事故に遭うまで、こういった知識がないことが多く、訳の分からないまま保険会社の言いなりで終わってしまうと、納得できないまま遺恨を残してしまいかねません。事故の程度にもよりますが、やはり弁護士に任せて、被害者も加害者も納得のできる形でスッキリと終わらせたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です