高齢者が利用できる階段昇降機の補助金

   

高齢化社会を迎え、家の中を円滑に移動できる手段の確保が課題となっています。特に階段は高齢者にとっては必要となるものです。高齢者にとっては2階と1階の昇降は大変な上、危険が伴います。ところがエレベーターの設置は簡単ではなく、多額な費用がかかってしまいます。そこで、階段を比較的手軽な手段で活用する方法に階段昇降機があります。
介護保険に代わる補助金が活用でき、経済的負担を低減できるのも魅力です。昇降機を設置できる階段には一定の条件がありますが、多くの場合は取り付けが可能です。昇降機の設置により2階の効率的な活用が期待できます。1階は居間などの団欒に使い、就寝は2階をゆったりと使うことも可能となります。
家の中を効率よく使うためには、必要な機器の設置が欠かせません。昇降機は高齢化社会において家の中を効率よく使う切り札となります。

介護保険の適用が無理でも残る可能性

階段昇降機の設置は介護保険の適用範囲外です。しかし、自治体により補助金が活用できる場合があります。設置を希望する場合は地元の自治体で助成の有無を聞いてみることが必要です。助成を受けるには基準に適合する必要があります。自分がその条件に合致しているかどうかを確かめることが先決です。その上で所定の書類を用意して申請し、自治体の審査を受けることになります。審査が通れば、一定の金額が所定の方法で支払われます。
そのとき注意しなければならないのは、助成の支払い方法が一様ではないことです。場合によっては工事費を自費で支払って、その後に助成のお金が支払われる場合もあります。いずれにしても、利用にあたっては地元の自治体と相談し、漏れのないようにしたいところです。

設置に必要な階段の形状と必要な条件

階段昇降機はほとんどの階段で設置が可能ですが、一部の階段では取り付けができない場合があります。問題無く取り付けできるのが、一直線の階段です。踊り場の無いタイプで、標準的なものが設置できます。
以前は無理だった踊り場のあるタイプも、取り付けが可能となりました。一直線の途中で踊り場のあるタイプは、踊り場の部分を平に移動することにより、設置することが可能となりました。狭小階段や急角度な場合でも設置が可能なこともあるので、諦めずに相談してみるのが得策です。昇降機の技術的進歩は進んでいるので、かなりの部分をカバーできます。
昇降機にはお年寄りが安全に利用できる様々な工夫がされています。正しい利用方法を守ることで、安全に使うことが可能です。機器類は使いこなしてこそ利用価値があります。積極的な利用により、高齢化社会を安心して乗り切ることができます。