高齢者の利用がしやすい安全な階段昇降機

   

高齢化社会を迎え、家の中を自由に移動できる手段の確保が求められています。2階建ての住宅では、高齢者が円滑に昇降できる機器が必要となります。階段昇降機はそのための手段として必要とされています。
体の自由が制限される高齢者が利用するため、様々な安全装置が設置される念の入れようです。本人が安心して操作できるのはもちろんのこと、他の家族が操作できる機能も付けられています。昇降機を利用しない場合でも、最小限のスペースでの折りたたみが可能なので、他の家族が昇降する場合でもストレスが軽減されます。
安心できる技術は長い経験が積み上げられています。電源の管理や移動時の安全性は特に大切です。操作は簡単で、体の自由がきかない高齢者でもできるように配慮されています。総合的な施策が施されているので、安心して使うことが可能なつくりとなっています。

コンパクトな折りたたみが可能な構造

階段昇降機はほとんどの階段で設置が可能です。直線階段はもちろんのこと、踊り場のある場合や狭小な場合まで設置が可能となっています。屋外で使うことができるタイプも用意されているので、外部に階段がある場合でも設置が可能です。
昇降機を設置すると、他の家族が使う場合に不便だと心配される方がいます。しかし、高齢者が昇降を行う場合以外は、折りたたんでおくことが可能です。折りたたみは壁から37cmに抑えることができるので、使用していない時でも階段幅の半分を確保できます。座面は床から49cmに抑えられ、高齢者でも使いやすい設計となっています。
未使用時は自動的にスリープモードになるので、無駄な電力の消費がありません。高齢者が怪我をしないように、角になる部分は曲線形が採用されています。

高齢でも利用可能な行き届いた安全性

階段昇降機は高齢者の利用を前提に、安心できる機能が付いています。例えば誤動作防止のために、電源を鍵で管理するキースイッチが設置されています。痴呆の症状がある方でも、介護者が電源をコントロールできます。
高齢者は体を支えるのもままならない場合があります。昇降時に体が安定するシートベルトが設置されているので、安定した姿勢での移動が可能です。昇降の途中で障害物に出会った場合は、障害物検知装置が作動して速やかに停止します。設計は常に余裕を持って行われ、利用者の負担を軽減しています。
操作は押し続けている間だけ動作する仕組みなので、手を離せばストップします。移動のためのアクションをし続けない限り、動作は遮断されるので安心できます。本人以外でも操作ができるように、呼び送りスイッチが設置されているので、介護者にとっても使いやすくできています。