増えている屋外に階段昇降機を設置するメリット

   

近年、万人が住みやすい環境にするための行動であるバリアフリーが叫ばれています。世の中には健常者には問題ないポイントであっても、例えば松葉杖や車椅子を使用している場合や足腰が弱っているお年寄りにとっては行動を制限されてしまうポイントがたくさんあるのです。そういった行動が制限されてしまうポイントというのは、健常者が活用することを年頭において作られているので、バリアになってしまう人のことを考える風潮ではなかったことが原因として挙げられます。
その代表格といえるのが階段であり、階段は高いところへ移動するための手段ですが、その高さは道具を使う場合や足腰が弱っている人にとっては制限されてしまいます。その場合屋内であればエレベーターがあるので活用すればよいのですが、屋外ではエレベーターとなるものはほぼ無いため、無理して登るか別のルートを使うかの2択となってしまいます。

バリアフリーの観点で階段で使われるようになった機器とは

無理して登るか別のルートを使うかの2択は住みづらい環境であることに変わりがありません。それでは安定した生活が送れないので、公共の施設を中心に取り入れられることが増えてきているのが屋外用階段昇降機です。この機器は手すり部分を人が乗っても丈夫な鉄製に切り替えた後に、その鉄製の手すりに着脱式の椅子を設置した昇降機を設置します。
足が不自由な人に椅子に座ってもらい、後は出発地点に設置してあるボタン、もしくはリモコン式であれば昇ると降るのボタンを押して起動し、階段の上や下に運んでもらうのです。松葉杖や足腰が弱っている人は椅子を設置したタイプで運んでもらい、車椅子の人の場合は椅子を取り外して車椅子ごと運んでもらうことで、段差のある階段を気にせずに移動することが可能になります。

一番のメリットは簡単に設置できること

現在ではバリアフリーの観点から、場所を問わずに松葉杖や車椅子を使用する人や足腰が弱っている人も利用することをあらかじめ念頭に置いて、リノベーションで構築するのが普通になりつつあります。リノベーションによって過ごしやすい社会になりつつありますが、それでも元々設置してあるものを改良するためには多額の費用が必要になります。
そこで階段昇降機の需要が伸びてきています。松葉杖や車椅子を使用する人や足腰が弱っている人が、階段を気にせずに移動するために手すりのあるスロープを活用しはじめています。
手すりのあるスロープであっても、昇る際には全身の力を使って昇らなければならず、降りる際にも勢いがつかないように踏ん張り続ける必要があります。しかし代わりに屋外へ階段昇降機を設置すれば、手すりの変更や電線の配置を行なえば簡単に使えるので、とても便利です。